30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア

メイクは落としましょう

鏡を見る女性

オイルクレンジングの人気は変わらないでしょう。洗浄力がとても高いので保湿成分が入っているものが増えるかもしれません。自分の肌質に合っているものを使いましょう。脂性肌でもインナードライかもしれないので乾燥肌用を使ったほうが良いこともあります。

More Detail

キレイな私でいるために

ベースメイクコスメ

関心を持つようになる

基礎化粧品の選び方、使い方次第で5年後、さらには10年後の肌に大きな差が見られるようになります。30代の女性の多くが感じるようになるのは、ハリや潤いが減ってくるということです。これはコラーゲンやヒアルロン酸といった肌のハリや潤いを形成する上で大切な成分が肌細胞内で現象してくるのが原因です。そのため、今まで感じたことがなかったような肌トラブルが起こりやすくなってきます。30代女性が基礎化粧品を選ぶ際に大切なことは、このハリや潤いを補うケアができる商品を選ぶことです。多くの女性が自分の肌ケアに関心を持つ時代になってきたため、今後さらに30代女性の人が、自分の肌を若々しく保つために基礎化粧品にこだわるようになるでしょう。

しみ、シワ予防

30代の基礎化粧品といっても、30代前半と後半では基礎化粧品の選び方を変える必要があります。これは、30代の前半ではまだまだ肌に潤いが多い人も多く、そこまで肌質が変わったなと実感しない人も多い一方、30代後半になると、今まできちんとケアをしてきたかどうかがはっきりと目に見えて表れてくる年代になってくるからです。しかし、30代を一括りとして見た場合、最も人気のある基礎化粧品はやはりしみやシワを予防することができる化粧品です。これは、肌のターンオーバーも20代に比べてぐっと長くなり、さらにはヒアルロン酸やコラーゲンといった成分も減ってくる世代なため、しみやシワがダイレクトに肌に出やすくなるからでしょう。

ファンデの前のステップ

化粧品を持つ女の人

ベースメイクの基盤となるのが化粧下地であるものの、ファンデーションのみのステップを踏む女性も意外と多く、機能性を高めた化粧下地が注目されています。下地として、次に重ねるコスメのつきや持ちを良くするだけではなく、肌色まで整えるのも魅力の1つです。

More Detail

酸の力で肌を美しく

泡

ピーリング石鹸は、クエン酸やグリコール酸など食べ物に含まれている低刺激な酸を使って作られています。使用すると酸の力で角質が柔らかくなり、汚れや小じわやくすみを除去しやすくなります。使用は週に1度ほどが適切です。泡立てることで一層肌になじみやすくなりますし、使用後はスキンケアの効果が出やすくなります。

More Detail

Copyright © 2016 30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア All Rights Reserved.