HOME>オススメ情報>大学や短大の受験内容を知ろう【面接のマナーも含めて情報入手】

大学や短大の受験内容を知ろう【面接のマナーも含めて情報入手】

面接

大学に入学する方法は学力試験だけではない

大学に入学する方法は、学力試験に限ったことではありません。推薦入試というものがあり、指定校推薦や一般推薦やスポーツ推薦などがあります。学力も問われますが、それ以外で評価できる内容があれば、一般入試を行わず、小論文と面接のみで大学の合否が判定できる試験です。ただ、推薦だからといいましても、必ずしも合格できるとは限りません。マナーがあまりにも悪ければ落とされますし、受け答えも悪ければ落とされます。そのため、推薦入試を受験する生徒は、小論文指導もそうですが、面接対策も万全と行っています。この二点に関しては各学校の進学クラス担当の教師が付き合うことになり、模擬面接で練習を行います。因みに、一般試験でも面接試験があるところもあります。

大学生

推薦入試やAO入試で面接が行なわれる

推薦入試やAO入試は、大抵は小論文と面接の二つが試験科目として設定されています。試験科目が二つしかないですが、これが結構重要です。小論文は筆記試験みたいなものであり、作文を書く感覚で制限時間内に題目に関して自分の考えをまとめて記入していきます。小論文の書き方は参考書を読めば対策を立てられますが、面接は試験官との言葉のキャッチボールですので、試験官からの質問に好印象を持たれるような回答をしなければなりません。そして、実は最低限のマナーが守られているかどうかという点も試験官は見ています。つまり、たかが面接だと甘く見ていますと試験で落とされる事もあります。これが集団面接であればなおさらのことですので、明らかなマナー違反は周りから浮いた存在に見られます。