30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア

ファンデの前のステップ

化粧品を持つ女の人

化粧のもちがアップ

肌色に合うファンデーションを用いるものの、顔だけ浮いてしまうなど、カバー力に難色を示す女性は意外と多く、ファンデーションを塗る前には化粧下地を塗ることによって様々な肌悩みをカバーできるため、カバーテクのアイテムとして支持を集めています。化粧下地の役割には、肌の状態を整え、ファンデーションのつき・持ちを飛躍的に高めることができるため、メイク直しの回数も減らせる魅力が挙げられています。下地にはリキッドとクリームタイプが主に化粧品メーカーから提案されており、機能にもコントロールカラーやUVカットをプラスするなど、1つで様々な役割を担う下地も重ね塗りを苦手とする乾燥・敏感肌の女性達から人気を集めています。

肌をキレイに魅せる

これまで、化粧下地に求められていたのがファンデーションのつき・持ちを良くする一点でしたが、肌をキレイに魅せるベースメイクのカラー展開が今後、注目される内容です。肌に赤みを感じる肌にはピンク系、肌色に馴染ませたい場合にはナチュラルな色相、糖化などによる黄色肌にはイエロー系など、これまで以上の機能を下地に取り入れる内容です。その結果、厚塗りになりやすいファンデーションも薄づきにでき、通常用いるコントロールカラーなどの化粧品を不要にできるなど、ファーストステップの段階からメイク映えを意識したり、肌の状態をしっかり整えられる考えで、メイク初心者や化粧品の数を少なくしたいユーザーからも注目されており、化粧下地も機能性が評価されはじめています。

Copyright © 2016 30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア All Rights Reserved.