HOME>Review>面接の際に当然身に付けておきたいマナーがある

面接の際に当然身に付けておきたいマナーがある

面接

希望の進学先へ入学したいなら、普段の学校生活から見直す必要があります。どんな部分を見直すべきか、いろんな人達の意見を参考にしてみてください。きっと良いヒントを得ることができるでしょう。

レビュー一覧

遅刻は論外と先生に言われました(10代 男性)

面接に行く前、先生から遅刻してはいけない。できるなら余裕を持った時間に会場に到着した方が良いと言われました。別に時間に間に合えば問題ないのではと先生にたずねました。すると、「開始時間直前について面接さえ受けることができればいいかもしれないと考えるが、面接をする側は事前に準備をして試験する態度か否かを確認している。またマナーとして、年長者を待たせてはいけない。それに開始時間ぎりぎりで出発すると途中で事故に巻き込まれたりすると遅刻してしまうことになる。そもそも、時間に遅刻をすれば試験を受けることができなくなる。」と答えられました。確かに、開始時間に遅刻すると面接を受けることができなくなるので余裕を持って移動すべきと感じました。

制服をきちんと着る!(10代 女性)

面接を受ける時は制服をきちんと着ないといけないと聞きました。質問にきっちり答えればそれで試験ができます。しかし、人は第一印象で好き嫌いを決めるそうです。その基準は、相手の顔と挨拶、そして服装だそうです。顔はきっちり身支度をすればいいですが、顔そのものを変えることができません。挨拶と服装は自分で注意すれば第一印象を良くすることができます。挨拶は日頃ちゃんとしていれば自然にできるようなります。服装、特に面接は制服を来て臨むことなります。日常でも制服をきちんと着ていますが、面接の当日も制服が崩れていないかしっかり確認することにします。面接をする人の質問に答えることができても、制服を崩して着たりするとマナーができていないと見られて試験に悪影響があるそうです。当日、制服をきちんと着て試験に臨みます。