30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア

酸の力で肌を美しく

泡

低刺激な酸

酸には他の物質を溶かす性質がありますが、その酸を混ぜて作られているのが、ピーリング石鹸です。酸とは言っても、強力なものではなく、パイナップルやサトウキビなどに含まれているクエン酸やグリコール酸です。いずれも、食べ物に含まれている酸ですから低刺激です。そのためそれらを混ぜたピーリング石鹸を使っても、肌は溶かされることはありません。しかしその影響で角質の表面が柔らかくなります。柔らかくなるということは、こびりついた汚れや毛穴に詰まった汚れを、除去しやすくなるということです。そのためピーリング石鹸は、肌を美しく洗い上げるために使用されています。老廃物になりかけている角質も一緒に除去されるので、小じわやくすみの解消にも役立ちます。そのことから、アンチエイジングに活用されることも増えていくと考えられています。

効果的な使用方法

ピーリング石鹸は、スポンジなどを使用してしっかりと泡立ててから使用すると、一層効果が出やすくなります。ピーリング石鹸は固形ですが、泡立てることでクリーミーな状態になり、肌になじみやすくなるからです。肌になじめば、それだけ多くの角質が柔らかくなりますし、細かな毛穴の汚れも除去されやすくなるのです。また、使用は週に1回ほどが適切とされています。個人差がありますが、人の肌では多くの場合、そのくらいのペースで角質の状態が悪くなったり、汚れが詰まりやすくなったりするからです。そうなり始めた頃を見計らって定期的に使用していれば、肌の美しい状態が保たれやすくなります。さらに使用後は、肌から余分なものが除去されている状態なので、美容成分が浸透しやすいです。そのため化粧水や美容液でのスキンケアの効果が高まります。

Copyright © 2016 30代は肌年齢の分岐点|美容効果の高い基礎化粧品で肌ケア All Rights Reserved.